こんなものまで売ってるんですか?
お金儲け丸秘情報!興味がない方は見ないでください

アクセスアップ関連

YahooとGoogleの違い

YahooやDMOZなどディレクトリー型の検索方式を
採用しているサイトへの登録も地味な効果ながら、
長期的に安定したアクセスを集める優れた方法です。

Googleに代表される全文検索型巡回ロボットによる検索ではなく、
人手を介しての評価・選別を経ての登録がディレクトリー登録です。

一定の選考、評価を得たサイトであるということがいえます。
その分、サイトに推薦されるのは厳しく、
商用目的の場合には、Yahooであるならば、
「ビジネスエクスプレス」という課金タイプの
申請登録しか道が開かれていない場合もあります。

さらに、これは、代価を支払えば必ず登録が
約束されているのではないので、
慎重に事前に規約を読み、参考情報を集めることをお勧めします。

また、、これらディレクトリーを調べてサイトに
訪問する人は限られているので、
劇的なアクセスアップ効果は望めません。

特に、ディレクトリー型代表格であったYahooが、
検索結果表示をgoogleと同じような方式Yahooサーチによる方式に
切り替えましたので、よけいにそういう気になります。

しかし、SEO対策上は効果がありますので
ディレクトリー登録は狙うべきです。

ただし、サイトが一定の水準に達していないと登録審査に通りません。



参考サイト:DMOZ(open directry project) 


タグ:yahoo DMOZ

アクセスアップ関連

アクセスアップ=Yahoo対策

みなさん大手検索エンジンへの登録はお済でしょうか?

アクセスアップの方法のスタートは、
yahoo・Google・msnなど大手検索エンジンへの登録からはじまると、
言っても過言はないでしょう。

現在のサイトへのアクセス訪問者は、
こうした大手検索エンジンからのキーワード検索結果による
表示をもとに情報を収集し、目的のサイトを探しているからです。


Yahoo・Google・msnの順に検索シェアが並んでいます。
海外ではGoogleが圧倒的なのですが、
日本国内では、yahooが群を抜いています。

しかし、最近の調査によると、Googleの急進振りが目立ちます。
また、yahooとGoogleを併用している人も多いようです。

一般論として、yahooは「初心者」、Googleは検索目的が多いと言われています。

よって、インタネットビジネスで効果を挙げやすいのは、
やはりyahoo経由の訪問者と言うことで、
yahoo対策がいろいろと語られているわけですね。

アクセスアップ関連

アクセスアップを考えよう!

ブログを作成、公開して最も気になるのがアクセスアップのことですね。
たかがアクセスアップ、されどアクセスアップ

はたしてどれほどの人が見てくれるのか?
訪問してくれるのか?・・・
こうしたアクセスアップの基本的な方法を考えて見ましょう。

webサイトへのアクセスアップ方法はいくつかありますが、
基本的なアクセスアップの方法をみて行きます。

費用をなるべくかけずに行えるアクセスアップの方法がいろいろとあります。

@ ヤフー・Google・msnなど大手検索エンジンへの登録
A 大手検索エンジンでの検索上位表示(SEO=検索エンジン最適化)
B ヤフー・DMOZなどディレクトリ・サイトへの登録
C 関連同業サイトなどとの相互リンク
D 中小検索エンジンへの登録
E 自動登録型リンク集などへの登録
F 同業・専門インク集などへの登録
G 各種ランキングサイトへの登録
H メールマガジンへの一括投稿


特に@は簡単なんで必ずやりましょうね。

Yahooに登録

Googleに登録

MSNに登録


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。